歯並びや噛み合わせの悪さを改善します

治療器具

歯並びや噛み合わせの悪さを感じており、コンプレックスを感じたり、食事の時に不便さを感じている人が多いです。噛み合わせが良くないと、顎の成長が遅れたり、左右の顔の大きさに違いが出ることもあります。多少は遺伝的な要因もありますが、幼児期の子供は指しゃぶりなどの悪い癖などで、歯並びが悪くなることがあります。東京の矯正歯科クリニックでは、子供から中高年以降の年代まで、幅広く通院をして治療を受けています。出っ歯や受け口、八重歯、不正咬合などが見られる場合は、東京の矯正歯科クリニックで、診察を受けて下さい。症例数を多く取り扱っている経験豊富な歯医者が在籍をしています。

子供は早めに治療を始めたい

診療室

東京の矯正歯科のクリニックでは、視診をした後にレントゲンや、CTなどを使った精密検査を行っています。高性能な医療機器を使用しているので、顎の状態や歯槽骨の形状を正確に確認出来ます。子供の場合は顎が未発達なので、大人に比べると治療期間を短くすることが可能です。歯並びの状態によっては、ワイヤーや留め具を使った表側矯正を行います。東京の矯正歯科では、歯並びの状態によってワイヤーを調節してくれます。ワイヤーや留め具は自分では外せませんが、一定期間装着をすることで、きれいな歯並びになれます。口腔内の衛生を保つために、自宅でのお手入れ方法なども指導してくれます。歯並びの形状によっては、子供もマウスピースを使った治療が可能です。

広告募集中